『MAUタワー エシェル』は、大きめ猫と飼い主が幸せに暮らせるキャットタワー!

2021年4月30日

MAUタワー エシェルとりく(雄猫)

イッコです。

2年前、猫を飼うことになりました。

我が家は、都心のマンション住まい。

元気な若い男の子(猫)には、部屋が狭いため、キャットタワーを購入することにしました。

選んだのは『MAUタワー エシェル』。
これが、猫も飼い主も癒し、日々の幸せが増すタワーでした!

3コマ漫画
りくくんもりっちゃんも、我が家のアイドルです

イラスト等のご依頼はこちら >

『MAUタワー』を選んだ理由

元迷い猫の、りくくんが生後6ヶ月(推定)の頃、毎日ひとり運動会をし、娘のりっちゃんの居場所を奪ってました。

猫のりくくんと娘のりっちゃんのイラスト
猫のりくくんにやられっぱなしの、娘のりっちゃん

そこで、りくくんの居場所と運動場所を兼ねた「キャットタワー」購入することにしました。

当時の、りくくんの体重は4キロ!

今後どれだけ「大きくなる」つもりだろう…
と不安になり、大きめのキャットタワーを探すことに。

色々探し、選んだのは『MAUタワー エシェル』です。

「Mau」は「キャットタワー専門店です。
当然、タワーについてよく研究をしているのだろう、と考えました。

余談ですが、「Mau(マウ)」は、エジプト語で「猫」の意味のようです。
猫が大好きでたまらない人たちが、考え抜いて作ったタワーなんだろうな、と想像してしまいます。

一番太っていたときの猫のりくくん
なんと、ソファーに座れました

飼い主目線のメリット

『MAUタワー エシェル』が良い理由を、飼い主目線でまとめました。

高さ調整可能。いろいろなタイプの部屋にフィット

『MAUタワー エシェル』は突っ張りタイプ。
付属のポールを調整して、天井を固定します。

MAUタワー エシェル
突っ張り棒タイプの、MAUタワー エシェル

高さ228~282cmの部屋で使用できます。
日本の一般的な天井高は「240cm」のようですので、大抵の部屋で使えそうですね。

また、ホワイトに近いベージュの色使いと、モフモフの優しい表面は、可愛すぎないおしゃれなデザインです。

大きな猫用ですが、縦長にスリムな造りなので、部屋にもスッキリ馴染みます。

縦にスッキリのタワー
縦にスッキリのタワー

長く使える

安全性にこだわった造りで、非常にしっかりしています。

厚みのある台座と、太い3本のポールが、タワーをしっかり支え、大きめの猫が運動会をしても安心です。

しっかりした造りのタワー
しっかりした造り

また、後からパーツを追加で購入することもできます。一部汚れたり、傷んでも、買い換えなくて良いのもいいですね。

我が家は、1年半ほど前にタワーを購入しました。

秋から春にかけて、1日の半分以上をハンモック(通称『ニャンモック』)で過ごすりくくん。
一部破れそうなので、来シーズンは新しいニャンモックを購入予定です。

なお、1年間の保証付きで、1年以内に部品が故障・破損した場合は、無料で交換してくれるらしいです。
商品に自信のある証拠ですね。

長い「爪研ぎ」付き!

長ーい「爪とぎ専用ポール」が1本あります。

木登りにも便利な爪研ぎポール
木登りにも便利な、長い爪研ぎポール

我が家は、これに本当に助けられました。

以前は、椅子で爪を研いでいましたが、ポールを使うようになりました。

以前、猫が爪研ぎとして使用していた椅子
以前、りくくんが爪研ぎとして使用していた椅子

可愛さ引き出す「ニャンモック」!

飼い主の1番のメリットだと思うのが、ハンモック(通称『ニャンモック』)で、くつろいでいる姿が何ともかわいいこと!

癒されます!

ニャンモックのりくくん
ニャンモックでくつろぐ、りくくん

ニャンモックは2サイズあり、我が家は大きいサイズ(34cm)を購入。

体重7キロまで対応可能なので、大きめの猫でも安心してくつろげます。

ちなみに、現在のりくくんの体重は、6キロ前後です。

猫目線のメリット

我が家のりくくん、タワーがお気に入り。毎日使っています。

猫が好きな理由はなんだろう?
考えてみました(個人の想像です)。

居場所ができる

タワー設置前は、色々な場所で寝ていました。

今は、秋から春先まではニャンモックにいることが多いです。

自分のお気に入りの場所ができて、満足しているようです。

ニャンモックのりくくん
ニャンモックでくつろぐ、りくくん

暖を取る(10〜5月ごろまで)

ニャンモックに丸まっている姿は、暖かそうです。

今日(2021年4月30日)も、午前中はニャンモックで寝ていました。

ニャンモックでお休み中のりくくん
警戒心の強いりくくんが、ニャンモックで「リラックス寝」

運動不足を解消できる

猫が登りやすいように、板が配置されています。

飛び移りやすい板の位置
飛び移りやすい板の位置

朝晩、タワーを上り下りし、一人運動会をしています。

また、我が家は、タワーから、クローゼットの上に飛べるように設置しています。

キャットタワーから、クローゼット上へ移動可能
キャットタワーから、クローゼット上へ移動可能

触って欲しくないけど、眺めたい時(でしょうか?)は、上にいることが多いです。

上から見下ろすりくくんも可愛いですよ♪

上から覗くりくくん
上にいてもかわいい♪

使用中、注意も必要

使用する上で、私が思った注意点が2点あります。

ひとりでの組み立ては、厳しい

大きな段ボールで届きます。

丁寧な取扱説明書があり「女性のお客様でも30分~40分で組み立てられる」と書いてありました。

しかし、『MAUタワー エシェル』は、大型猫も安心のタイプで、しっかりした木の板とポールで作られています。
ひとりでは、組み立てが厳しいかな、と感じました。

旦那さんのリョーが、組み立てましたが、上の方の板を置く時等、私も手伝いをしました。

最低1ヶ月に1度、メンテナンスの必要があり

『MAUタワー エシェル』は突っ張り棒タイプなので、使っているとポールが緩んできます。

最低1ヶ月に1度は、上の突っ張り棒を締め直す方が良いです。

まとめ

MAUタワー エシェル』は、飼い主も猫もしあわせにする、キャットタワーです。

マンション飼いで、あまり運動をさせてあげられない「大きめニャンコ」におすすめです。