都民無料のPCR検査を受けてきました。翌日に結果がわかります

2022年1月18日

2022年3月31日、池袋東口店舗は閉鎖されました。4月30日現在、都内12ヶ所で都民無料のPCR検査を受けることができます。都民以外でも、38道府県、90ヶ所以上の店舗で無料PCR検査を実施しています。

無料の木下グループPCR検査センター

新型コロナウイルスの第6波が到来しています(令和4(2022)年1月中旬現在)。

ミクロン株は重症化リスクが少ないという話もありますが、感染率が高いという事で、皆様の周りでも感染した人が出てきているのではないでしょうか。自分がウイルスを広めてしまわないためにも、PCR検査が重要になってきますね。

先日、娘と一緒にいた人が新型コロナウイルス陽性になり、「木下グループPCR検査センター」で、都民無料(誰でも)のPCR検査を受検しました。都民以外も安価で検査を受けることができます。

PCR検査が必要になった時の参考にしてください。

木下グループPCR検査センターの公式サイトはこちら

「木下グループPCR検査センター」の概要

「木下グループPCR検査センター」は、「木下工務店」をはじめとした「木下グループ」の一つである「医療法人社団和光会」が監修しています。

39都道府県で、100ヶ所以上のPCR検査センターを運営しています。

検査の種類

東京都内では、以下の12ヶ所で検査が可能です(2022年4月30日時点)。都民は無料、都民外も比較的安く(1,900円~。店舗により異なる)で検査を受けることができます。

無料期間は東京都のホームページでご確認ください。

  • 羽田空港第一ターミナル、第二ターミナル
  • 秋葉原
  • 足立区役所本庁舎
  • 荒川総合スポーツセンター
  • 熊野前アクト21(荒川区)
  • 吉祥寺
  • 渋谷
  • 新宿
  • 新橋
  • 日テレ(新橋駅汐留口)
  • 浜松町

木下グループPCR検査センター公式サイトの店舗一覧はこちら

検査の種類

受けられる検査は、以下の2つです。

価格都民価格検査結果
PCR検査1,900円~。
(店舗により異なる)
無料翌日までにネットで結果通知
抗原定性検査1,900円来店後30分程度でネットで結果通知

PCR検査の流れ

小学4年生の娘と一緒に、木下グループPCR検査センターで受検した様子です。

無料になる人(都民すべて)

東京都民であれば誰でも「無料」で検査を受けることができます。
無料期間は東京都のホームページでご確認ください。

無料の対象となる人は、無症状の都民で以下の人です。

  1. 感染している可能性に不安を抱える方
  2. あらかじめ感染不安を解消しておきたい事情がある方
都民無料の対象者
都民無料の対象者

実質的に、すべての都民が利用できると考えられます。

予約をする(場所・日時)

木下グループPCR検査センターの公式サイトから予約をします(2022年3月31日、池袋東口店は閉鎖されました)。

今回は、「来店検査」を選びました。
「郵送検査キット(税込2,900円)」を送ってもらい、自宅で検査することも可能です。

(1)サイトで、まず場所を選びます()。

場所を選択する画面
(1)場所を選択

(2)「PCR検査 2,300円」の枠の中にある「空き状況の確認・予約」ボタンを選択します。
都民で無料で検査をする場合もこちらを選びます

「空き状況の確認・予約」ボタンを選択する画面
(2)「空き状況の確認・予約」ボタンを選択

「お客様が該当する種別項目をひとつ選択してください」の部分では、以下の選択肢があります。

  • 一般のお客様
  • モニタリング ご利用のお客様
  • ワクチン検査パッケージご利用のお客様
  • 都民無料

(3)都民の方は「都民無料」を選択し、「次のページへ」を選択します。

種別を選択画面
(3)都民の方は「都民無料」を選択

(4)「X」以外の日付(午前・午後)を選択すると、下に空きの有無が確認できるようになります。
時間を選択して、「次のページへ」ボタンを選択します。

日時、時間選択画面
(4)日時、時間を選択

(5)申込者情報(氏名、メールアドレス等)を入力します。

家族の分も同時に申し込む場合には、「受検者の追加」ボタンを選択し、「次のページへ」ボタンを選択します。

受講者追加登録画面
(5)受講者を追加登録し、「次のページへ

最後に確認ページで内容を確認して、予約完了です。

なお、「枠が埋まり予約ができない」と表示がされ、予約完了画面に辿り着けず、前の画面に戻る現象がありました。
しかし、僕と娘の分、1人ずつ(別々に)予約を試みると、2人とも同じ枠で予約できました。

「▲:残りわずか」となっている枠の予約は要注意なのかもしれません。

(6)予約が完了すると、「受付完了のお知らせ」メールが、登録をしたメールアドレス宛に届きます。
メールの 中の「誓約書/同意書」へのリンクを選択し、登録します。

メールに送られた「誓約書/同意書」をクリック
「誓約書/同意書」をクリックして、登録します

重要!注意点(事前準備)

都民の無料な方も、そうでない方も、以下をご注意ください。

  • 「都民無料」を選んだ場合は、住所の分かる身分証明書を持参してください。無いと有料になります。
  • 有料で受検する場合は、現金での支払いはできません。クレジットカード・電子マネー・QRコード決済・交通系ICカードなどをご準備ください。

検査当日

私たちの場合は、接触した人が新型コロナウイルスに発症した、という連絡を金曜日に受け、PCR検査を受けることにしました。

「池袋東口店」の予約が土曜日に取れたので、娘と行きました(2022年3月31日、池袋東口店は閉鎖されました)。

「池袋東口店」の場所は、JR/東京メトロ/西武/東部「池袋駅」徒歩3分、として案内されています。
(実際には、JR中央2改札から出て徒歩7分、東口35番出口から徒歩5分でした)

池袋東口35番出口

場所は1階。
大きく「PCR検査センター」という看板があり、迷うことなく見つけられます。

PCR検査センター会場
PCR検査センター会場

入口で、以下の確認がされます。

  • 予約日時(完全予約制です)
  • 住所が分かる身分証(都民無料の場合は必須!!)
  • 「誓約書/同意書」の入力

「誓約書/同意書」を入力していない場合は、その場で入力するよう、スタッフに促されていました。

PCR検査センター入口
PCR検査センター入口

会場に入ると、検査キットが手渡されます。
(予約時間より15分程度早く到着したのですが、すぐに受け付けてくれました)

予約制となっているため、密にならない利用者数がキープされているようでした。          

検査は、唾液を採取して行います。

選挙の投票所のように、パーテーションで区切られた机で、一人一人に別れて検体採取をします。
家族は同じ場所で行うため、娘と同じ机を使って検体採取を行いました。

検体採取中のキット
検体採取中のキット

容器の中にストローを入れて、ストローを伝って唾液を容器の中に溜めていきます。

しかし、なかなか、思うようには唾液が溜まっていきません…
唾液を促すように、レモンや梅干しを持参して見ながらでもいいかもしれません。

検査手順
検査手順

採取後は、以下を行い完了します。

  • 検査申請書を記入
  • 容器に識別用のシールを貼る
  • 袋に入れて係の人に渡す

検査結果の確認

検査結果は、木下グループPCR検査センターのサイトの「マイページ」から確認します。

検査中のマイページ画面
検査中のマイページ画面

「検査完了のお知らせ」はメールにも届きますので、安心です。

私たちの例で言うと、1月15日(土)夕方に検査を行い、16日(日)昼過ぎに結果が知らされました。

検査結果通知書の画像
検査結果通知書

まとめ

東京都以外の場所でも無料検査を実施していますので、ご確認ください。

木下グループPCR検査センターでは、唾液検査なので痛みもなく、検査の翌日には結果が判明します。

少なくとも東京都民は、「都民無料」の枠で、無料で検査が受けられます。

周りに陽性者が出たり、帰省前などの気になるタイミングで、PCR検査を受検してみる際には心強い場所だと思います。