【都内】『CANDY A GO GO!』(原宿本店)はお菓子の量り売りショップ。世界のかわいいお菓子が購入できます!

2022年1月30日

『CANDY A GO GO!』お菓子の量り売りショップ

『CANDY A GO GO!』(キャンディー・ア・ゴー・ゴー)は、お菓子の量り売りショップです。

世界中のカラフルなグミやキャンディが、所狭しと並び、グラム単位で購入することができます。輸入雑貨や、かわいいものが好きな方におすすめですよ。

今回は、原宿竹下通りの本店をご紹介します。

3コマ漫画
好きなものを選ぶのって楽しいですね!

イラスト等のご依頼はこちら >

『CANDY A GO GO!』とは?

CANDY A GO GO!の店内写真
かわいいがいっぱいの『CANDY A GO GO!』

『CANDY A GO GO!』は、東京・原宿が本店のお菓子の量り売りショップです。

店内には、カラフルでかわいい、世界のお菓子が並びます。
お好みのお菓子を、ボックスから、好きな分量選び、袋に入れていきます。値段は、グラム数で決まります。

量り売りではなく、値段の決まったお菓子もありますよ。

見てかわいく、選んでで楽しい。そして食べて美味しい、みんなが楽しめる空間です。

『CANDY A GO GO!』お店の場所

住所:東京都渋谷区神宮前1-7-1 CUTE CUBE1F

JR山手線原宿駅竹下口から徒歩3分。

JR山手線原宿駅竹下口
原宿駅竹下口

竹下通りを200メートルほど進んだ右側。かわいいピンクのお店です。

CANDY A GO GO!外観
かわいいピンクのお店が『CANDY A GO GO!』

量り売りのお菓子

「はかり」に乗ったお菓子の袋
「はかり」に乗せて測ります

『CANDY A GO GO!』では、量り売りのお菓子と、値段の決まった(量り売りではない)お菓子があります。

やはり、人気なのは、グラム単位で値段が決まる、量り売りのお菓子でしょう。

お菓子の買い方

お菓子を真剣に選ぶ娘(一部イラスト)
お菓子と娘ちゃん

最初に、お菓子を入れる袋と(感染対策用の)手袋を店員さんから受け取ります(袋は何枚でももらえます)。

次に、お好みのお菓子を、ボックスから好きな分量、袋に入れるていきます。
店内にある「はかり」で、グラムをチェックしながら選びましょう。

店内の「はかり」
「はかり」で量をチェックしましょう

最後に、レジでお会計をします。1グラム単位で計算してくれます。

簡単ですね!

「はかり」を使わずに、「誰が100グラムに1番近いお菓子を選べる」などのゲームで楽しむのもいいかもしれません。

お菓子の価格設定

お菓子の価格は100グラム594円(税込)
お菓子の価格は100グラム594円(税込)

お菓子の値段は、100グラム594円(税込)
20グラム以上で購入可能。20グラム以降、1グラム単位で計算してくれます。

グラムごとの価格表
グラムごとの価格表

どのお菓子を選んでも同じ値段なのは、わかりやすいです。

お菓子を入れてみるとわかりますが、価格は少し高めです。
しかし、たくさんのかわいい商品から、自分の好きなものを探す「お楽しみ料金」も含んだ価格と考えると、決して高すぎる金額ではありません。

子どもから大人まで、選んでいる人たちには、笑顔がこぼれていました。
ちょっと特別な日のプレゼントにおすすめです。

お菓子の種類

カラフルなボックスのお菓子
カラフルなお菓子

グミ、キャンディ、ガム、ラムネ、クッキーなど、常に80〜150種類の輸入お菓子を取り扱っていると言うから驚きです。

『CANDY A GO GO!』の商品紹介はこちら

日本はもちろん、アメリカ、カナダ、スペイン、タイ…と世界中のお菓子があります。

海外のお菓子…と聞くと、甘すぎるお菓子を想像しますが、『CANDY A GOGO!』のお菓子は、日本人好みの味が多いと感じました。

カラフルなお菓子には、食品添加物や着色料が使われています。
しかし、厚生労働省の定める基準に適合し、検査に合格した商品のみ販売しているそうです。

メルヘンな世界の店内
メルヘンな世界の店内

量り売り以外のお菓子

かわいいお菓子が並ぶ店内
かわいいお菓子が並ぶ店内

量り売りではない、見た目に可愛い、輸入お菓子もたくさんあります。

気になったのは「ミニキャンディショップ」。
お家でも、おままごと感覚で『CANDY A GO GO!』が楽しめますね。

ミニキャンディショップの写真
ミニキャンディショップの写真

「ミニキャンディショップ」の、映像はこちら

気になる感染対策

手袋をしてお菓子を取ります
手袋をしてお菓子を取ります

まず、入口で消毒をします。

ピンクのコスチュームとウィッグの、可愛い店員さんから、手袋とお菓子を入れる袋をもらいます。
受け取る前に、もう一度念入りに手の消毒をします。

手袋は、大人用、子ども用があります。
小さな心配りが嬉しいですね。

お菓子を取る際の注意事項を告げられます。

  • マスクは鼻まで付ける
  • 手袋は、利き手(お菓子のスプーンを握る手)に着ける
  • 一度取ったお菓子は戻さない(いらない場合は、ショップ店員さんに渡す)

しっかり感染対策を行っている印象です。

まとめ

CANDY A GO GO!、かわいい店内

『CANDY A GO GO!』は、選ぶのが楽しい、世界のお菓子の量り売り屋さんです。

子どもから大人まで笑顔にしてくれるお店です。

余談ですが、『CANDY GO!GO!』(「A」が無くて「!」が多い)は、2010年に活動を開始した、渋谷系ガールズロックユニットです。
お間違えななく!

『CANDY A GO GO!』(キャンディー・ア・ゴー・ゴー)の公式サイトはこちら